<<   >>
2018年 12月 3日 (月)

世界で3番目

by おふくさん

IMG_7463_(2).JPG
IMG_7470_(2).JPG
世界で一番古い大学はイタリアのボローニャ大学。

二番目はカイロ大学。

そして、三番目はポルトガルのコインブラ大学。

時は西暦1000年頃。

そして、遅れること800年。

日本にも大学が出来ました。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1125


C O M M E N T
カイロ大学というと小池百合子さんしか思い浮かばない、私。

大学といえば、研究課程の時に、自分が子供のころから勉強してきたのは、研究をするための下地だったんだな!っと、す〜っと腑に落ちた感じがしました。本当の勉強、ってこれなんだ!っていう感じです。

もちろん、ごく普通レベルの研究で
今は臨床ばかりの日々です。

息子たちにも、いつか、やりがいのある研究ができる大学や研究室とのご縁が得られるよう、まずは、毎日の勉強を頑張ってほしいな、って思っています。
スヌーピー    [2018/12/4(火) 01:12]       
親はつねに子どもの行く末を案じています。
が、思うようにいかないのは世の常。

引きこもりの子ども(?)が多いのです。
身近にもいます。

皆、可愛い赤ちゃんだったのに。どうしてこうなるのでしょう。
人生の一番いい時を引きこもって過ごすとは情けないです。

写真のような学生をみると当然なのに嬉しくなります。
当たり前のことで感激する時代になりました。

スヌーピーさんのお子様方がしっかりした道を歩んでいかれますように!
頑張れ〜
おふくさん    [2018/12/4(火) 07:50]       
息子たちは、本当にしっかり歩んでいってほしいですね〜!
まずは・・・、毎日学校に行ってほしいというだけです。

引きこもり、ってなかなか理解しにくい行動ですが、
自分を守るための一つのやむを得ない方法なのかな…って思うと
誰にでも起こりうることなのかもしれません。
でも、引きこもりによる損失は、本人にも周りの人にも計り知れないものだと思います。

子育て世代としては、思春期前の子供への対応が、とても大切だと思うので、がみがみ母さんにならないように気を付けます!!
スヌーピー    [2018/12/5(水) 08:18]       
本当に子育てって難しいですね。
マニュアルもありません。
同じ形があるわけでもありません。

それにしても、昔こんなに引きこもりがいたでしょうか?
こんなにニートがいたでしょうか?
こんなに結婚しない人がいたでしょうか?

個人を尊重し過ぎるあまりではないかと思います。
今や世間体なんてありませんものね。
面倒なことですが、世間体って自分を律するタガになっていると理解します。

スヌーピーさん、男の子ママってとっても大変だと思います。
周りに協力してもらいながら、頑張ってね。
未来は明るい。
おふくさん    [2018/12/6(木) 06:47]       
この写真のポルトガルの「コインブラ大学」の構内だけですが、観光で行った覚えが有ります!
私達夫婦が行った時も、写真の様な好天で暑いくらいでした!
古い歴史の有る大学なのですね!

ヨーロッパを回ると、日本では到底追い付けない歴史の建造物等を沢山見せられ、ただただ感動させられます!!

日本国内の大学も歴史に関係なく、少子化の影響と逆に大学数の飽和状態で、大学進学率が昔と比べ上がっており、教育立国としては嬉しい限りだと思います!
が、そろそろその飽和状態の影響で、学生が集まらずに学部閉鎖・縮小、若しくは廃校になる学校が増えてくるとの報道が気になる昨今です!!
熟ラガ文ちゃん    [2018/12/7(金) 12:58]       
人口減少、出生率の低下、右肩上がりの時代が懐かしいです。
あの頃は、生産量が増え、給料も毎年昇給、街は賑わっていました。

が、今は心配なことばかり。
給料も???、街は東京ばかりが賑やかで他は先細るばかり。
オリンピック景気、万博景気がどこまで効果をもたらすのか不安です。
年金もやれ70歳だ、75歳だと支給年齢が取り沙汰され、若者よりも老人が増える一方の今日この頃。

確かに、小学校や中学校は統廃合が徐々に進んでいます。ということは大学も淘汰されてもおかしくありません。
ベビーブーム世代とそのジュニアの世代は、大学と名がつくところに入るのが至難の業でした。
今は、Fランクと呼ばれる大学は全員合格だとか。
また、外国からの学生を全入させている大学もあるとか。

コインブラ大学は今日でも人気高いそうです。
熟ラガちゃんも行かれましたか?!
日本の大学とは雰囲気を異にしますね。学生らしい学生が多く、なんだか安心します。
バイトに明け暮れしている日本の大学生、どうなんでしょう?

ポルトガルでは本当に勉強したい人だけが大学進学し、そうでない人は専門学校で学んだり、高卒ですぐ社会人になったりしているそうです。

日本もそろそろ、選別の時代になるかもしれませんね。
これから、いろいろなことが大きく変わることでしょう。
おふくさん    [2018/12/7(金) 20:14]       
世界の三大創立の古い大学を教えてくださり、ありがとうございました。私の孫はただいま大学受験勉強で、いっぱいいっぱい追い込まれているようです。センター試験まであと40日切ったと、叫んでいます。親がいるからーーと、私は静観するように努力していますが、同じ屋根の下、薄着でいると、風邪をひかないようにーーとか何かと心配で、いらぬことを口出ししてしまいます。望む大学に合格し、笑顔で巣立って行く日が来ることを願って、私こそインフルエンザにかからぬようにと、慎重に暮らしています。
ハイビスカス    [2018/12/11(火) 20:54]       
ハイビスカスさんのところのお孫ちゃんも大きくなられましたね〜
大学受験生ですか〜
頑張ってくださいね。

身近に頑張っている様子をみると気にならないようで気になりますよね。
我が家も大学ではありませんが、小学校受験の孫がいました。だから9月から11月にかけては一喜一憂。
たとえ小学校受験とはいえ、受験は受験ですものね。

私は遠く離れているので、気をもまずにすみましたが、それでも試験日となると朝から私まで緊張。
発表の日ともなるとそわそわ。

先ずは、センター試験、うまくいきますように!

ハイビスカスさんも頑張ってくださいね。
おふくさん    [2018/12/12(水) 06:55]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d