<<   >>
2018年 6月 26日 (火)

増えました、○○○珈琲

by おふくさん

DSC_1251.jpg
雨後の竹の子の如く、似たような珈琲店が増えています。

今や名前を覚えるのも大変。

似たりよったりながら、それぞれ工夫を凝らしています。

これが現代版「喫茶店」なのでしょう。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1188


C O M M E N T
お、お久しぶりです。
おふくさんは、最近どこに行かれました?

私の大好きなシロノワール(コメダ珈琲店)は、禁断の味。
ダイエットの敵なのですが、一人で食べたい・・・。

なんとか珈琲は、ロードサイドにもたくさんできていますよね。

富山県人は勤勉で、休みの日も朝早くから畑仕事に精を出す、
そんなイメージだったのですが、最近は、日曜朝も結構お店がいっぱい。どんな人が来てるのか?興味あります。
スヌーピー    [2018/6/26(火) 12:58]       
あれよあれよという間に○○珈琲店が増えています。

確かに富山県民は、せっせせっせとよく働く人たちでした。
が、今ではふらふら(失礼しました)のんびり過ごしている人が多くなりましたね。
どこもいっぱいの人です。

日本中、同じ生活様式になってきたのでしょうか?
嬉しいような心配なような・・・
おふくさん    [2018/6/26(火) 14:45]       
ご無沙汰しました。

暑くなりました。
こんな時はちょっとひと休みに故郷の香りのする
コメダ珈琲店へ入りたくなります。
休日などは、朝から家族連れが多く 最近の諸事情変わってきたのかしらと思います。

地元の珈琲店は、新規出店のお店にお客さんを取られ地元の
珈琲店はたいへんらしいですね。
チョコ    [2018/6/27(水) 07:47]       
チョコさんは、お小さい頃からコメダ珈琲の名前はよく耳にされていましたか?

私は富山に出店されて初めてその名前を聞きました。

喫茶店といってもファミレスに近いような健全な雰囲気なので、こういうお店だったら学生時代でも入れたのかしら?なんて思います。
東京にはこういうお店がありませんでした。

そして、なにより凄いのは充実したメニュー。しかも、どれだけ居ても快適に気持ちよく居られることですね。
こういう珈琲店が人気になるのは当然と思えます。
ですから、従来の店主の目を気にしながら、早々に席をたつようなところは敬遠気味。
わかります、わかります。

チョコさんはやっぱりコメダが一番ですか?
おふくさん    [2018/6/28(木) 07:21]       
コーヒー全く駄目な私なので、最近増えたお店どこも入ったことありません。
コーヒーには、色々うるさい人が多いけど、紅茶が好きな人って少ないのでしょうか?

お付き合いで、スターなんとかに入って、仕方なく紅茶頼んだら、テーブルひっくり返しものでした。
茶色いお湯に、500円も払う気にはなせません。

都心でも行けばあるかもしれませんが、近くに紅茶専門店欲しいです。たまにできても、すぐ消えちゃいます。
初孫は犬?    [2018/6/28(木) 19:03]       
初孫は犬?さん、コーヒー党ではなく紅茶党ですか?

私は30歳くらいまで紅茶党でした。次第にカフェオレが好きになり、段々にストレートで飲むようになりました。
味覚は変化するものだな〜と実感しました。

そして、紅茶もミルクティーからアールグレイ、そして今やダージリンのレモンティーが一番です。

初孫は犬?さん、すたー○○○○で紅茶をオーダーされたのですか?
紅茶もメニューにあるのですね。
考えたこともありませんでした。
そして出てきた紅茶が????だったというのもわかる気がします。

外国のレストランではコーヒーは美味しいのが出てきますが、紅茶を頼むと、ほぼティーバックです。
紅茶をジャンピングして蒸らして注ぐというやり方は日本だけ?
わかりません。

でも、先日、日本発祥の○○珈琲店で紅茶(写真の)をオーダーしたら、とっても美味しい紅茶が出てきました。

やはり、日本人の「食」に対する細やかさはいいですね。
おふくさん    [2018/6/28(木) 20:40]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d