<<   >>
2018年 10月 4日 (木)

スパイス屋さん

by おふくさん

IMG_8447_(4).JPG
色々な商売があるものです。

香辛料だけを積んで量り売りしています。

傍にいるだけで良い香りが。

料理に入れてよし、部屋の片隅に置いてよし。

一日にどれくらい売れるのかしら?

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://ofukumiso.com/cgi/blog3/tb.cgi/1214


C O M M E N T
この様な、スパイスだけを売り歩く商売が有るのですね!

我が家は、「七味唐辛子」を浅草に出た時に購入しております!
キット、妻のお気に入りのお店が有るのだと思います!?

我が家は、他の香辛料に関しては、余り拘りは無さそうです!
熟ラガ文ちゃん    [2018/10/4(木) 13:49]       
七味唐辛子、いつも持ち歩いている方がいます。

日本人に一番しっくりくるのが七味唐辛子のようです。

私も熟ラガちゃんのお宅同様、香辛料に拘りがありません。と言うよりも香辛料は胡椒くらいしか使いません。

ローズマリー、シナモン、レモングラス等々上手にお料理に生かされる方がいますが、尊敬です。

私の香辛料使いは、たまにカレーを作る時と、りんごのコンポートを作る時くらいかな〜

外国はたくさんの香辛料をたくみに使いますね。
こののんびりしたスパイス売りのお兄ちゃん、商売になるのかしら?
おふくさん    [2018/10/4(木) 16:30]       
スパイスは、最近 買っても 使い切れなくて 結局 買わなくなってきました。

以前は、カレーのために 色を付けるターメリックとカルダモンは使いました。

ハーブは、肉料理にローズマリー 、魚料理にフェンネル、イタリア料理にはバジル、煮込みにはローレルとお庭に出れば摘んでお料理に使っていました。

日本人ですから、大葉も自然に自生してお料理に使ったりしていました。

最近は、簡単料理になりつつ有るので 反省しています。
イタリアンパセリ、
チョコ    [2018/10/4(木) 23:03]       
続きです。

イタリアンパセリは、そのままほっておいたら 三つ葉みたいに太い茎に
葉っぱは大葉みたいにアクが強くなりました。
やっぱり一年毎に、植えないて食さないと美味しいとは云えませんね。

手がかかるものなので、だから美味しく感じるのでしょうね〜。
チョコ    [2018/10/4(木) 23:14]       
さすがチョコさんです。
お料理も手抜きすることなくちゃんと上手にスパイスで美味しく作られて。
まさに主婦の鏡です!
尊敬します。

そして、そういうハーブをお庭で育てていらっしゃるのですね。
それは本格的。
やはり、手元にあってこそすぐ使えますものね。

ハーブは加減も難しいところです。
使い過ぎてもお肉やお魚の味を殺してしまうし。
そこらへんが料理上手、下手の分かれ目なんでしょうね〜

チョコさん、お孫ちゃんに美味しいお料理を作って差し上げてね。
子どもの舌は確かですから。
おふくさん    [2018/10/5(金) 07:12]       
うちの長男は、ハーブティーが好きで、
アップルミントやローズマリーなどを摘んで、自分の味を
探しています。見ていて面白いのです。

ハーブティーには、甘みがあったほうが美味しいと、私にも勧めてくれます。優雅なような雰囲気ですが、どこで摘んできたハーブがたまに不明で、ちょっと色々、心配?です。
スヌーピー    [2018/10/5(金) 09:17]       
小さい子どもでもハーブの香りが好きとは思いませんでした。
子どもは苦手なものだとばかり思っていました。

スヌーピーさんのご長男さんは敏感な舌を持っていらっしゃいますね。
そもそも子どもの舌は確かだと聞いていますから本当なんですね。

将来が楽しみです。
おふくさん    [2018/10/6(土) 07:01]       


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>




RSS

Ringworld
RingBlog v3.10d